ムル太郎のブログ

日常や趣味をゆるく書いてます。ひもじぃ思いをしながら生きる喜びを見つけています(笑)

2段階3限目シュミレーターと4.5.6限目

さて

教習も残り1時間のみとなりました。

 

キャンセル待ちを駆使し

一気に進めることが出来ました。

 

 仕事前にシュミレーター

前回の教習から約1週間・・・だいぶ長かったです。

 

今回はシュミレーターなので予約で行いきました。

 

ホントは3名でしたが遅刻した方いたので2名で開始。

もう一人は学科とセット教習だったみたいですね。

 

普通二輪同様に危険予測をしながら運転するのですが

実は担当教官が同じ人でした・・・

 

なので

最初の方は基本の?コースでしたが

ムル太郎はコースが違いました。

 

初めてでしたが

まぁ問題ないだろうと思い走行・・・

 

しかし

事故りました。

 

状況としては住宅街、見通しの悪い道路・・・

 

40キロぐらいで走行してしまったので

ブレーキが間に合わず・・・

 

別に事故ったからと言って

ハンコ貰えないとかは無いのですが

 

まあ軽くショックでしたよね(笑)

 

現実でこんな事したらシャレにならんですからね( ゚Д゚)

 

改めて

気を付けようと思いました。

 

 

土曜日 キャンセル待ちで4・5・6限まで 

 

シュミレーターも昨日終わらせ

キャンセル待ちで教習がまた、進められるようになったので

通い詰めます。

 

 

実はムル太郎

1日で3時間乗るのは初めてです。

 

4限目・急制動

この時間は急制動です。

 

 

普通二輪の時に経験済みなので

簡単な説明を受け

30キロで3本目、

40キロで3本目

を一本ずつやり

基準通り40キロで2本目でやります。

 

特に線超えるとか倒れるとかは無かったのですが

 

停止時に下を見ている・・・

サードに上げるのが遅れてしまう・・・

 

との指摘が・・・

 

止まるとき停止線超えないか

いつも見ている癖があります(>_<)

 

下を見るとバランスが崩れ転倒する危険があり

一発停止になるので急いで修正します。

 

サードに上げるのが遅れてしまう・・・

 

これは

うちの教習所はコースが狭いので

直線ではなく

カーブから一気に加速するのですが

車体をしっかり倒し込まないと

遠心力で大きく膨らむため、

カーブで加速できず

わずかな直線で加速するハメになり

ギアをセカンド→サードに上げるのが停止直前になってしまいます。

 

 

停止直前でギア操作するとだいぶ忙しくなり

動作に余裕がなくなります。

 

スロットルを戻しブレーキを踏む動作も遅れてしまうので・・・

 

かなり危険な急ブレーキになってしまいます(>_<)

 

停止線超えし一発停止の恐れがあります・・・

 

これは

少し怖かったのですが

カーブにある程度のスピードで

突っ込み、カーブ終わりに加速、すぐ3速にすることで

修正していきます。

 

回数をこなし

安定してきたので

スラローム急制動で回数をこなし終了。

 

今回は次の教習内容の説明と

軽く実践をしました。

 

次の時間は波状路なのですが

これ、普通二輪ではやらない

大型二輪のみの教習で

初めての内容でした。

 

説明を受け

実践するのですが

まぁ

脱輪しましたね・・・

 

でもこれは次回なので今回はホント軽く触り終了。

 

5限目・波状路

キャンセル待ちが取れ

連続で乗ります。

 

さて、波状路

 

これは全く初めての教習です。

 

先ほどの

波状路体感で全くダメだったので

 

また説明を受け

 

練習します。

 

 

まず反対側の外周で立ち乗りをし、アクセルを吹かす

 

半クラにしながら吹かすのですが

加速させたり減速させたりはしません

 

あくまで回転を維持するためです。

スピード調整はリアブレーキ、クラッチのみです。

 

(段差乗り越えるとき回転数が下がるのでエンストする)

 

クラッチの位置をつかみ、

波状路コースへ・・・

 

またも脱落・・・

 

スピードがゆっくり過ぎるのが原因でした。

 

やはりバイクは低速だと

コントロールがしにくいです。

しかし

段差乗りあげる前にアクセルを吹かすので

クラッチを一気につなげると

車体から振り下ろされ

バイクだけぶっ飛びます・・・

 

段差乗りあげる前にアクセル吹かし

クラッチは2mm動かすくらいで

調整します。

 

まずは通過できるように練習します。

 

立ち姿勢は

 

胸を張り、お尻を突き出さない。

顔はまっすぐで目線はちょい上

 

とはいえ

やはり段差が気になるので

どうしても下を見てしまいます・・・・

 

どうしたら前向けるのかな?と思い

 

スノボと同じノリで考えることにしました(笑)

 

あれもいわばバランスの乗り物じゃないですか(´・ω・)

バイクも同じだー(笑)って

 

ボードでターンするとき

下向いてると絶対にこけます。

 

顔が変な位置にあり重心がずれる・・・

そしてエッジに強くひっかけてしまい転倒する・・・

 

そう考え

とにかく前向きました!

 

後は

膝はタンクにしっかり挟み曲げる事!

(バランスとるのと段差のショックを吸収)

 

とくにスノボも膝曲げないと段差のショック吸収できないので

理屈としては全く同じです(笑)

 

結果

バランスはだいぶ安定し

コース脱落は無くなりました。

 

とはいえ波状路の後半が安定せず・・・

これはスピードが一定じゃなく

波状路の段差は感覚がバラバラ)

乗りあがるタイミングが変わるので

調整が難しいのですが

 

スピードは

クラッチのつなぎ方の問題なので

丁寧に繊細に半クラをする事で

割と簡単に修正出来ました。

 

 

回数をこなし

無事通過、タイムも出せるようになり

 

急制動波状路スラロームで練習します。

 

 

波状路クラッチ常に握り

アクセルオン、オフしまくるので

もう手は限界でした( ;∀;)

 

まだ2限目なので良かったのですが

これ3限目とかで疲れてるんだったら

受けるのやめた方が良いかもしれないです・・・

 

 

アクセル雑になったり

クラッチ雑になったりしたら

ホント、ぶっ飛んでいきますから・・・

 

 

波状路は、操作が多く大変でしたが

 

まったく初めてで

普通二輪受けた時みたいに新鮮で楽しかったですよ。

 

他は

普通二輪と同じだから!と言われ

教官の後ろに乗せてもらい

解説受けるなんて事してませんからね(;´・ω・)(笑)

 

これで全課題を修了し、

次からコース走行へ戻ります。

 

6限目 コース走行

 

次もキャン待ちしました。

連続でのり3限目は1時間空けないといけないのですが

うちの教習所は

お昼休みが1時間あり

 

昼休みで1時間は空けているとみなされるので

お昼前2時間連続→午後一1時間で3時間は乗れます!

 

とはいえ

午後1はキャン待ち乗れず

その次に乗れました。

 

総合コース①を走ります。

練習①と大きく変わるのが

急制動波状路が追加されただけで

他は変わらないので

大きな混乱はありませんでした。

 

検定前2時間ということで

卒検の流れ(挙手→乗車→挙手)詳しくは普通二輪のブログで(笑)

で練習していきます。

 

さて

今日は風がめちゃくちゃ強く

走行中に目にゴミがはいったり

波状路では風に押されたりと

条件としては最悪でした(笑)

 

とは言え

風強いから救済する

 

なんて訳もなく・・・・

 

どんな条件でも課題をこなさなければいけません・・・

 

走行中

一回目の一本橋脱落・・・

二回目はタイムがだせない・・・

 

スラーローム飛ばして急制動・・・

(コース間違い)

ミスが目立ちましたね・・・

とくに

一本橋脱落なんて

一番やっちゃいけないやつなので

次回は絶対に落ちないようにしたいです。

 

ほかは大きな問題もなく

終了。

 

この時間は

今までで一番

なんかあっという間に終わったって感じでした。

 

のこり

1時間

 

見極めです。

 

次は

ホントに本番の緊張感を持ち

ミスが無いようにしたいです( ・`д・´)

f:id:murutarou:20201128215805j:plain

普通二輪教習時代の愛車

 

手前に見えるのが波状路

この白線からタイヤがはみ出すと一発アウト

 

 

 

f:id:murutarou:20201128215858j:plain

現在の愛車

ギア入りが悪いやつ(笑)